Home Column 2013年、キューティー映画総括

2013年、キューティー映画総括

2013年、キューティー映画総括
5

2013-cue-movies_002013年も終わろうとしているギリギリの31日に記します(笑)(去年も同じでした)
まず全米を中心とした世界のキューティー映画の動きですが、今年特徴的だったのが
・ベテラン女優による大人向けキューティー映画コメディが大ヒット
・『トワイライト』がもたらしたYA小説原作キューティー映画の多発と脚光を浴びるファンフィクション
・単館系キューティー映画がヒットと初公開メディアの変化

の3つでした。そして世界の中で日本だけがキューティー映画の主流の流れから取り残されていることを如実に感じる1年でした。

大人向けキューティー映画コメディが大ヒット

アメリカでは今年もキューティー映画のヒット作がいくつか出ました。
まず、今年全アメリカ公開映画の中で最初に興行収益が1億ドルを突破したのが、女詐欺師のメリッサ・マッカーシーと、勝手にカードを利用されたサラリーマン、ジェイソン・ベイトマンのキューティー映画『Identity Thief』でした。
これ、2人による追っかけっこのドタバタ・コメディかと思いきや、最後とても爽やかにメッリサがヒロイン然として終わる見事なキューティー映画なんです。現時点では日本未公開です。

そしてキューティー映画のヒロインではベテラン女優2人の主演映画が共に1億ドルを超えるヒットしました。
サンドラ・ブロックとメリッサ・マッカーシーがFBIと地元警官のコンビとなり事件を追う『The Heat』
ジェニファー・アニストンがストリッパー役、偽家族になりすまし麻薬密輸を企てる『We’re The Millers』(邦題「なんちゃって家族」で2014/1/25公開)

両作品に共通しているのが、お下品上等!の大人向けコメディであること、サスペンス要素が入っていること、そしてヒットが長続きしていた、ということです。
『The Heat』が夏休み映画激戦時期の上映で5週に渡りベスト10内に留まりました。同時期の大作『モンスター・ユニバーシティ』『マン・オブ・スティル』『ワールド・ウォーZ』らが平均5週でしたからそれと同等です。
一方『We’re The Millers』は8月から公開され、なんと9週に渡ってベスト10に留まっていました。しかもほぼベスト5入りしていたのは凄いです。

この大ヒット映画『The Heat』も日本で未だ公開されていません。

『トワイライト』がもたらしたYA小説原作キューティー映画の多発と脚光を浴びるファンフィクション

『トワイライト』サーガで形成された巨大な女性映画ファン市場、日本では今一つその規模や盛り上がりが分かりにくいのですが、明らかに今の映画産業を支えています。そして『トワイライト』の次を取るべく、数多くの作品が企画・公開されました。
女性映画ファン市場を引き継いだのは『ハンガー・ゲーム』シリーズです。今年は2が公開され、大ヒットを記録しました。
YA小説が原作の映画で話題になった映画としては
『The Host』
『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』
『The Mortal Instruments: City of Bones』
『How I Live Now』
といったものが主に上げられます。みんなシリーズ化が念頭に置かれ「トワイライト大ヒット再び!」を期待されていましたが、いずれも不発に終わってしまいました。今のところシリーズ継続を表明しているのは『The Mortal Instruments』シリーズですが、これもcueでお伝えしたとおりまだまだ流動的です。
制作が中断されていた『Mortal Instruments』(シャドウハンター 骨の街)の続編、再始動へ

ちなみに上記に並べた作品群、『How I Live Now』以外は実際見ましたが、う〜ん…
どれもキューティー映画としての恋愛要素などが薄く、世界設定やSF設定がゴチャゴチャしていて、シンプルさに欠けていました。
ちょっと大げさで笑っちゃうくらいのシンプルなテーマやコンセプト、『トワイライト』なら「地味な女子高生を取り合うイケメンヴァンパイアと年下狼男」みたいなものが結構重要だと思います。

そして『トワイライト』の大ヒットはYA小説の映画化だけではなく、同人小説=ファン・フィクション(通称ファンフィク)の世界にも大きく影響しました。『トワイライト』のファンフィクに、電子書籍+スマートフォンというツールが組み合わさったことで、作品とファンが直結し、潜在的な女性層を大幅に開拓。その結果はトワイライトのファンフィクが元となったエロティック小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の大ヒットを生み出す結果になりました。

その『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』映画化とキャスティングに関することも2013年、海外では大きな話題でした。

単館系キューティー映画がヒットと初公開メディアの変化

一方で、芸術性やオリジナリティに富んでいたり、作家性が強かったりする単館系キューティー映画が少ない上映館数ながら、意外な大きなヒットを記録したのも今年の特徴です。

イーサン・ホークとジュリー・デルピーによるカップルの歴史を追っかけたシリーズ最終作『ビフォア・ミッドナイト』、ケイト・ブランシェット主演でウッディー・アレン作品では最大ヒットとなった『ブルージャスミン』、「全編フランス語で上映時間3時間で17NCシーンあり」と様々な厳しい条件ながら全米でヒットしたカンヌ受賞作のフランス映画『アデル、ブルーは熱い色』など。

そしてビジネス的には、単館系(インディペンデント系)キューティー映画の公開方法が「最初にiTunesムービーなどVODで公開、次に劇場公開」の流れで定番化しました。これは去年、キューティー映画『バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!』ではじめて成功したパターンで、その後アメリカでは定番化しました。今ではほとんどのインディペンデント系映画が最初にVODが行われています。
良質なキューティー映画によってビジネスが変わっています。

来年は全米ではバレンタイン時期に個性的で注目のキューティー映画が多数公開されます。
そして話題のミュージカル映画が多く登場します。
さらに2015年2月公開予定の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を前後して、R指定のエロティックな映画が増えると予想します。大人向けキューティー映画のヒットはその動員の布石になるのではないでしょうか?

日本では2013年に海外で話題になったキューティー映画、特に単館系が相次いで公開です。

tags:

Comment(5)

LEAVE YOUR COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です