Home キューティー映画について

キューティー映画について

キューティー映画とは

ラブコメ、ロマンチック・コメディ、青春映画、恋愛映画、ミュージカル映画…など、主に「女性向け」と呼ばれる映画のジャンルをまとめて「キューティー映画」という呼称を提唱し、大きなくくりでこのジャンルを捉え直しています。

「アニメ」という大きな枠内で「ジブリ」「ディズニー」「SF」「ファンタジー」「日常系」などジャンルが細分化されるのと同じです。
「キューティー映画」という大枠内で「恋愛もの」「スポーツもの」「コメディ」「シリアス」と各ジャンルが存在する、と思ってもらえるとイメージしやすいと思います。

キューティー映画の呼称について

「キューティ」ではなく「キューティー」です。
あえて、最後の語尾をわざと「ー」で延ばすことで、ちょっと間の抜けた感を出しています。

一般的な呼称

海外では主にRomance,Comedy,Drama,Chick-Flicksなどと呼ばれます。「Chick-Flick」は蔑視的な意味合いもあり、制作者はこの呼称を嫌う傾向があります。
※chick=ヒヨコでのいう意味で「可愛らしい女の子」という意味で使われ、そういうヒヨコを喜ばすという意味、つまり女の子がキャッキャと喜ぶような映画のことを差します。
日本では主に「ロマコメ」「ラブコメ」「恋愛映画」「青春映画」などと呼ばれることが多いです。

キューティー映画の特徴

基本形として「ハッピーエンド」で終わり、劇中内の人物が何らかの「一歩踏み出す」形を取る内容の映画を指します。
登場人物の行動が、観客に夢や希望を与え、その存在が共感、親近感、実在感を呼ぶものでなければなりません。
ストーリー構造と様式には基本的形式が存在しますが、ある種の様式(メソッド)は存在しています。
またビジネス的には、他のジャンルとは異なる特色を持っており、それを活用することで大きな成功を収めている例が世界各国で見られます。

  • テーマや劇中のライフスタイルがその時代と直結している。
  • 作品で描かれるテーマには時代を超える普遍性がある。
  • 登場人物の精神的成長を描く内容が多い。
  • 女性のライフスタイルの変化に合わせて「結婚」「仕事」「子育て」「夫婦」などをテーマに扱う。
  • 劇中に既存曲が積極的に使われる。

キューティー映画は「集合知」

キューティー映画を一番知っているのは、当サイトではなく、作品を楽しんで見ているみなさんです。特に映画の知識がない人の方が実はこのジャンルに強かったりします(娘を持つ父親等、意外な理由で詳しい人も多いのです)。
映画評論家から情報を得て判断する「上から下へ拡散する」評価軸である通常の映画とは異なる評価軸を持っています。
そういう意味では既存の映画評価サイトはキューティー映画に関して全く信用性がありません。

YA小説が好きな人、歴史が好きな人、俳優が好きな人、ファッションが好きな人、音楽が好きな人、海外の生活に興味がある人…など色々な興味を持つ人たちがそれぞれ得意な分野で語り評価していく「集合知」によって、キューティー映画の知識と情報は築き上げられます。これも他のジャンルと異なる特徴です。